建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工19(木造建築士学科試験問題)

2014年10月27日 H26施工19(木造建築士学科試験問題)

木造住宅のタイル工事及び左官工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.床のタイル張りにおいて、化粧目地詰めは、張付け用モルタルが硬化してから目地部分を清掃した後に行った。

2.壁のタイルの改良圧着張りにおいて、張付け用モルタルの調合は、容積比でセメント1:砂2  とした。

3.壁のタイルの改良積上げ張りにおいて、タイルの周辺から張付け用モルタルが盛り上がるまで、たたき締めた。

4.ラス下地面へのせっこうプラスター塗りにおいて、上塗りは、中塗りが十分に乾燥してから塗り付けた。

5.壁のモルタル塗りにおいて、ラスこすりは、ラスの表面から1mm程度の厚さに塗り付けた。






















正解(4)

上塗りは、中塗りが半乾燥状態時に行う。


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |