建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工21(木造建築士学科試験問題)

2014年10月25日 H26施工21(木造建築士学科試験問題)

内装工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.現場に搬入された木製建具の保管は、格子戸は立てかけとし、フラッシュ戸は平積みとした。

2.雨がかりの引戸の召合せは、突付けとした。

3.天井・壁の仕上げに用いる化粧合板の切断や孔あけ加工は、化粧面側から行った。

4.壁紙は、日本工業規格(JIS)によるF☆☆☆☆」のものとした。

5.ガラスブロックの平積みの目地幅は、特記がなかったので、10mmとした。






















正解(2)

雨がかりの引戸の召合せは、突付けでは、雨水等が侵入する恐れがあるので、やとい実じゃくり等にしなければならない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |