建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工06(2級建築士学科試験問題)

2014年07月29日 H26施工06(2級建築士学科試験問題)

土工事及び地業工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.地下水位が低く、良質な地盤であったので、山留め工法として、親杭横矢板工法を採用した。

2.特記により、砂利地業の厚さを150个箸靴身楼呂砲いては、一度に締固めを行った。

3.断熱材がある土間スラブにおいて、防湿層の位置は、断熱材の直上とした。

4.敷地に余裕があったので、山留め工法として、法付けオープンカット工法を採用した。

5.地盤沈下を防止するため、地下水処理の工法として、リチャージ工法を使用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答3

防湿層の位置は、断熱材より下部に設置し、地盤からの湿気を防ぐ。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |