建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H26施工13(2級建築士学科試験問題)

2014年07月22日 H26施工13(2級建築士学科試験問題)

鉄骨工事における溶接に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.溶接部の清掃作業において、溶接作業に支障のない溶接部のミルスケールは、除去せずにそのまま残した。

2.作業場所の気温が4℃であったので、溶接線から50个泙任糧楼呂諒貂猊分を加熱して、溶接を行った。

3.隅肉溶接の溶接長さは、有効溶接長さに隅肉サイズの2倍を加えたものとした。

4.スタッド溶接後に打撃曲げ試験を行い、15度まで曲げたスタッドのうち、欠陥のないものについてはそのまま使用した。

5.不合格溶接部の手溶接による補修作業は、径4个陵論榾世鰺僂い胴圓辰拭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答2】

母材部分の加熱は溶接線から100个糧楼呂嚢圓辰討ら溶接する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |