建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H13構造18(2級建築士学科試験問題)

2014年04月30日 H13構造18(2級建築士学科試験問題)

図のような側面すみ肉溶接(両側面に施し、片面の有効長さは100mmとする。)において、溶接部継目に生ずる応力度が、その継目の長期許容応力度 fwと等しくなるような引張力P(N)の値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、fwの値は90N/mm2とする。

 

 

H13-構-18

 

 

 

 

 

 

 


 

1.63kN

2.81kN

3.96kN

4.110kN
5.126kN










(正解)5
有効のど厚=0.7×10mm=7mm
引張力P=100mm×2ヶ所×7mm×90N/m屐126,000N=126kN

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |