建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25法規20(2級建築士学科試験問題)

2013年10月28日 H25法規20(2級建築士学科試験問題)

次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。

 

1.用途地域に関する都市計画の変更により、建築基準法第48条第1項から第13(用途地域内の建築制限)の規定の適用を受けない既存の建築物は、政令で定める範囲内であれば増築することができる。

2.工事を施工するために現場に設ける事務所は、建築基準法第20(構造耐力)の規定が適用されない。

3.特定行政庁により、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認められ、原則として、1年以内の期間を定めて、その建築が許可された仮設店舗などの仮設建築物は、建築基準法第48(用途地域内の建築制限)の規定が適用されない。

4.高さが5mの広告塔は、建築基準法第37(建築材料の品質)の規定が準用される。

5.「簡易な構造の建築物に対する制限の緩和」の規定の適用を受ける建築物は、建築基準法第61(防火地域内の建築物の制限)の規定が適用されない。

















正解2

852項仮設の制限緩和から一部の法令は除外されるが法20条構造耐力については除外されていない。よって解答は2

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |