建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H25構造25(2級建築士学科試験問題)

2013年09月27日 H25構造25(2級建築士学科試験問題)

建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.テラコッタは、大型のタイルの一種であり、装飾用の外装材として使用される。

2.大理石は、耐酸性に優れているので、外壁の仕上げに使用される。

3.アルミニウムペイントは、熱線を反射し、素地材料の温度上昇を防ぐので、鉄板屋根や設備配管などの塗装に使用される。

4.エポキシ樹脂系接着剤は、耐水性、耐久性に優れているので、コンクリートのひび割れの補修などに使用される。

5.酢酸ビニル樹脂系接着剤は、耐水性、耐熱性などが劣っているので、屋外における使用には適さない。












正解(2)
大理石は、耐酸性・耐火性に乏しいので、一般に、室内の装飾に優れている。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |