建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 1-ア第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月30日 H24 1-ア第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

ア.少子高齢社会の現状と課題に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

 

々睥霄埒邑の増加は、戦後の高度経済成長のなかで国民一人ひとりが豊かになり、インフラ(社会資本)の充実によって生活環境が改善され、医療技術に関しても高度化が進んだ結果といえる。

高齢者人口は増加を続けているが、その増加の実態をみると、65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、一人暮らしの「単独世帯」(23%)、「夫婦のみの世帯」(29.8%)とも大きく伸びている(2009(平成21)年現在)。

9睥霄圓涼罎砲聾亀い聞睥霄圓眤真存在している。彼らの社会参加の状況を見ると、実に59.2%が、健康・スポーツ、趣味、地域行事などの地域・グループ活動に積極的に参加している。

ぁ峭睥霄匆饌从大網」では2015(平成27)年度をめどに全国で3分の2の世帯が、また、すべての都市圏で2010(平成22)年度をめどに半数の世帯が、住宅ストックの質の向上を誘導するうえでの指針であるバリアフリー対応を確保できるように目標が設定されている。















 

正解
「高齢社会対策大綱」では、「バリアフリー対応」についてではなく、「誘導居住水準」について定めている。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |