建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 1-イ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月29日 H24 1-イ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

イ.地域社会、社会全体の取り組みの必要性に関する次の(a)〜(d)の記述について適切なものを○、不適切なものを×としたとき、正しい組み合わせを 銑いら1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

a)シルバービジネスを成功させるためには、高齢社会をどのようにとらえるかという視点がものをいう。高齢化への対応といった近視眼的なものではなく、彼らを支える世代も巻き込んだビジョンの展開が必要である。

b)近年、高齢者福祉においてエイジレス社会という理念が強調されるようになってきた。エイジレス社会という理念は、高齢者一人ひとりにとって最もふさわしい場所、つまり、住み慣れた地域社会を基盤として安全で安心な老後生活を過ごそうという考え方である。

c)エイジング・イン・プレイス(Aging in Place)とは、だれもが年齢にとらわれることなく、個人の能力、意欲に応じて、社会の一員として生き生きと充実した暮らしができる社会のことである。

d)高齢者が健康で安心して暮らせる社会をめざすためには、国民一人ひとりの理解が必要であり、地域における支援システムが構築されなければならない。さらに、認知症高齢者も増加傾向にあり、こうした人たちに対する生活支援が急務となっている。

 a)×  (b)○  (c)×  (d)○

a)○  (b)○  (c)×  (d)×

a)○  (b)×  (c)×  (d)○

a)○  (b)×  (c)○  (d)×













正解
b)問題文にある考え方は、「エイジング・イン・プレイス」という理念である。
c)問題文は、「エイジレス社会」の説明である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |