建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 1-ウ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月28日 H24 1-ウ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

ウ.日本の住環境の問題点に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

,錣譴錣譴伝統的に受け継いできたこれまでの日本の住宅構造は、身体機能が低下した高齢者の生活を考えるとき、高齢者にとっては非常に生活しやすいものといえる。

△發箸發伴柴睫明僂龍垢て本の住宅で、生活の様式化が進み、家具類の使用が多くなったために室内はますます狭くなり、介護を必要とする高齢者、福祉用具を使用する高齢者の室内移動を困難にしている。

F本の在来工法の木造住宅では、住宅の廊下、階段、開口部などの幅員は、尺貫法の影響で広く作られており、介護を必要とする高齢者や福祉用具を使用する高齢者の室内移動に適している。

そ祥茲瞭本の住宅は、寒さの厳しい冬向きに造られているため、湿気の多い夏には向いていない。高温多湿の室内環境は高齢者や障害者、特に循環器系の疾患を持つ高齢者には不適切な環境となり、時として家庭内事故を引き起こす要因となる。















正解
々睥霄圓砲箸辰討論験茲靴笋垢い箸聾世て颪ぁ

尺貫法の影響で狭く高齢者の室内移動に適していない。

そ祥茲瞭本の住宅は、夏向きに造られているため、冬の寒さに向いていない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |