建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 2-イ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月24日 H24 2-イ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

イ.ノーマライゼーションに関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

‖萋鷦\こβ臉鏝紂▲妊鵐沺璽の社会省で障害者問題に取り組んでいたバンク-ミケルセン(N.E.Bank-Mikkelsen)は、知的障害者の入所施設における非人間的な扱いや一般社会から隔絶された環境での生活を問題視した。

日本でのノーマライゼーションの考え方が定着するのは、1981(昭和56)年の国際障害者年などを契機とし、障害者政策にノーマライゼーションの考え方が明確に反映されるようになってからである。

1993(平成5)年に障害者政策に関する基本的理念などを定めた「障害者自立支援法」が制定された。この法律は、その後、ノーマライゼーションやリハビリテーションを基本理念とする「障害者プラン」の策定を経て、「障害者基本計画」と「重点施策実施5か年計画」へとつながっていった。

ぅ痢璽泪薀ぅ次璽轡腑鵑旅佑方は、1980〜90年代の障害者問題、介護問題への関心の高まりと同時に拡がりをみせ、高齢者福祉の理念としても定着していった。現在では、社会福祉の基本理念として、すべての人が基本的人権を尊重されながら、社会で自己選択や自己決定に基づいて生活できること、と幅広く解釈されるようになっている。
















正解
障害者政策に関する基本的理念などを定めた「障害者基本法」である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |