建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 2-ウ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月23日 H24 2-ウ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

ウ.元気な高齢者をめざすために必要な食事の改善に関する次の(a)〜(d)の記述について適切なものを○、不適切なものを×としたとき、正しい組み合わせを 銑いら1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

a)高齢者の低栄養は余命を短くするので注意が必要である。低栄養の原因には、うつ状態や口腔機能の低下による摂食障害、消化能力の低下などがある。自立高齢者では、消化能力や摂食能力の低下からくる低栄養が極めて多い。

b)高齢者は一般的に体が小さく、活動量も少ないため、エネルギー必要量は若い人よりも低くなっているが、ビタミン・ミネラルやたんぱく質は若いときと変わらないくらい必要である。

c)高齢になると、胃に食べ物が入った時に便意をもよおす「胃・大腸反射」が起こりやすくなり。下痢を招きやすい。下痢の解消には食物繊維が有効である。食物繊維は、軟らかく煮た野菜をよくかんで食べると効率よく摂取することができる。

d)食事は一人で食べるより、だれかと一緒に食べるほうが食欲がわき、おいしく食べられる。一人暮らしの高齢者が宅配の給食サービスを受けている場合にも、地域の人々との共食の機会を増やすことが大切である。

 a)×  (b)×  (c)×  (d)○

a)○  (b)×  (c)○  (d)×

a)×  (b)○  (c)×  (d)○

a)○  (b)○  (c)○  (d)×














正解

a)自立高齢者では、消化能力や摂食能力の低下からくる低栄養はそれほど多くない。

c)高齢になると、「胃・大腸反射」が鈍くなり、便秘になりがちである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |