建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 2-エ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年08月22日 H24 2-エ第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

エ.高齢者の運動の目的と方法に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

‥度な運動は筋肉を鍛え、足腰を丈夫にする。また肺活量を維持し、肥満を防止し、血圧を整えて動脈硬化を防ぐ効果もあるといわれている。元気に自立した生活を続けるには、適度な運動を継続的に行うことが大切である。

⊆立高齢者の1日の最低歩行数の目安は5,000歩くらいである。自立高齢者の場合、特に積極的に戸外への散歩などを行わなくても、通常、家の中の生活だけでこの程度の歩数はこなすことができる。

9睥霄圓鷲体髻運動歴、職歴によって体力や身体機能の差が大きい。運動を行うときは、他人のペースに合わせるのではなく、あくまでも自分のペースで無理のない範囲で行うことが大切である。

け親庵罎紡舂未亡世出る、動悸が激しくなるなどの異常を感じたときは、すぐに休むか、中止する。また、高齢者は汗をかくと脱水を起こしやすいので、運動の前・中・後に水分を十分に補給することも重要である。















正解
⊆立高齢者の1日の最低歩行数の目安である5,000歩くらいをこなすには、家の中の生活だけでは足りない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |