建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 6-ア第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

2013年07月31日 H24 6-ア第28回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題

ア.安心・安全・快適な住まいのための屋内移動に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

 

]村爾両果未藩亮爾両果未涼丙垢魏鮠辰垢觝任盍癖悗焚造方法は「すりつけ板」を設置する方法で、介護保険制度による住宅改修費の支給対象項目に該当する。

△垢蠅弔曳弔巴丙垢魏鮠辰靴討睚盥垰に支障をきたしたり、介助用車いすでうまく移動できない場合には、既存の低いほうの床面の上に高さ調整のための合板などを張り、その上に床を仕上げて段差を解消する方法がある。

トイレや浴室などで、重心の上下移動などの立ち座り動作や移乗動作の際に、しっかりつかまって使用するグラブバー(grab bar)の直径は34〜38mm程度を目安とする。廊下などの伝い歩きの手すりよりも一回り太いほうが握りやすい。

げ案發納蠅垢蠅鮗茲衂佞韻觝櫃蓮柱と柱の間にある間柱に木ネジで留めるのは適していない。これは、間柱が柱よりも細く、設置しようとすると手すりの受け金具が間柱の幅に収まらないことがあるためである。














正解
グラブバー(grab bar)の直径は28〜32mm程度を目安とする。廊下などの伝い歩きの手すりよりも一回り細いほうが握りやすい。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |