建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 05-エ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

2013年05月29日 H24 05-エ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

コミュニケーション支援用具と自助具に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も不適切なものを1つだけ選び、解答用紙も所定欄にその番号をマークしなさい。

 

 .灰潺絅縫院璽轡腑鷸抉舁儷颪鰺僂い訃豺隋単一の手段や方法だけではなく、たとえば補聴器とファックスの活用など、複数の補完手段や代替手段を組み合わせて対応することが望ましい。また、緊急時のコミュニケーション手段についても十分検討しておくことが必要である。

◆“声、発語が困難な場合のコミュニケーション支援用具には、文字盤に文章表示機能と音声機能が付いた携帯用会話補助装置などがある。聴覚に障害がある場合は補聴器、視覚に障害がある場合は弱視のための眼鏡や視覚障害者用拡大読書器などが代表的である。

 「リーチャ―」は、リウマチ疾患などによって上肢の関節可動域に制限があったり、痛みがある場合に、ストッキングや靴下の着脱の際に用いられる自助具である。

ぁ\依董更衣、食事動作は、手指の動きに関わることが多く、微小な調節が必要となるため、自助具は障害に合わせて加工されることもある。製作や使用にかかる訓練などは、主に作業療法士(OT)が携わることが多い。

















正解(3)

記述のような状態のとき、洗濯機の衣類の出し入れやカーテンの開け閉めなど、手を伸ばす代わりにつかう自助具である。
よって正解は3

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |