建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 05-オ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

2013年05月28日 H24 05-オ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

手すりに関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

 

 ー蠅垢蠅亮鑪爐六箸なによってハンドルレールとグラブバーに分類される。前者は、トイレや浴室などでからだの重心の上下移動など立ち座り動作や移乗動作の際にしっかりつかまって使用するものであり、後者は、屋外通路・階段や屋内の廊下・階段などでからだの位置を移動させるときに使うものである。

◆.魯鵐疋襯譟璽襪呂弔まったり握ったりして使用するものなので、直径は3236伉度を目安とし、グラブバーは動線上を往復するために使用するものなので、直径は2832伉度のものは望ましい。

 屋外への手すりの設置は、建築本体にかかわらない壁面や床面から支柱を建てて設置することを基本とする。屋内で手すりを設置するときは、設置する場所を広範囲に下地補強を行う必要がある。手すり設置用の木ネジは下地補強部分に確実に留め付ける。

ぁ〕畆爾筌肇ぅ譴任蓮建築工事をせずに福祉用具のはめ込み手すりや据置式の手すりを用いることが可能である。トイレの据置式手すりは、床に固定するだけなので設置が容易であり、生活者にとって最適な位置に手すりを設置しやすいという長所がある。













正解(3)

.魯鵐疋譟璽襪肇哀薀屮弌爾寮睫世逆

▲魯鵐疋譟璽襪脇粟上を往復するために使用、グラブバーはつかまったり握ったりして使用。直径は記述の通りである

た置式手すりは設置は容易だが、最適な位置に設置することは困難。
よって正解は3

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |