建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 06-エ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

2013年05月24日 H24 06-エ(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

道路から玄関までの段差の解消に関する次の 銑い竜述の中で、その内容が最も適切なものを1つだけ選び、解答用紙の所定欄にその番号をマークしなさい。

 

 ‘始から玄関までの段差を階段で解消しようとする場合には、階段の踏面と蹴上げの寸法に注意して、階段の勾配を緩やかにすることが大切である。高齢者や障害者の利用に配慮する場合には、階段の寸法は踏面150mm程度、蹴上げ230mm程度とするのが望ましい。

◆.好蹇璽廚蓮通常、水平距離()に対する高低差()の比(H/L)で床面の傾き具合を表す。車いすの利用を考慮した場合、勾配はできる限り緩やかなほうが良い。標準的な勾配は1/51/8程度を基本とする。

 玄関ドアなどの出入り口前には、車いすの方向転換の操作が行えるように1,000mm×1,000mm以上の平坦部を確保する。平坦部では雨天時に水たまりが生じないようにスロープの半分程度の勾配の水勾配を設けると良い。

ぁー屬い校藩僂鮃洋犬靴織好蹇璽廚任蓮▲好蹇璽廚領消爾留鐇个望し高さを持たせて立ち上がり(50mm程度)を設ける必要がある。これによって、車いすの車輪が脱輪して車いすが転落することを防ぐことができる。















正解(4)

‘面300330mm程度、蹴上げ110160mm程度が望ましい。

⊆岼愡匯藩僂貿枸犬靴疹豺隋標準的に1/121/15程度を基本とする。

出入口前には、1,500mm×1,500mm以上の平坦部を確保する。水勾配

は急すぎると支障があり、通常1/100程度の若干の勾配である

したがって、い竜述が最も適切である。 よって正解は4

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |