建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24 10-1-d(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

2013年04月29日 H24 10-1-d(第29回福祉住環境コーディネーター検定試験3級試験問題)

トイレで座位を保持するための【 エ 】は、便器の中心線から、左右に350mmの振り分けた位置(手すりの芯−芯距離700mm)で、左右対称の位置に設置するのが基本となる。手すりの取り付けの高さ(上端)は、車いすのアームサポート(肘当て)と同じ高さ、便座の座面から220250mm程度上方を基本とする。

 

エ.―勅蠅垢蝓  ´回転式手すり   2手すり












正解(3)

トイレでは動作に応じた手すりを必要な箇所に設置するとよい。座位を保持するための手摺は記述のような箇所に横手すりを設置するとよい。よって正解は3

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |