建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24計画06(木造建築士学科試験問題)

2013年01月28日 H24計画06(木造建築士学科試験問題)

音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.間仕切壁の遮音等級においては、Dr-55より、Dr-50のほうが遮音性能は高い。

2.二重壁は、同じ面密度をもつ一重壁に比べて、一般に、高周波部分では遮音性能が向上するが、低周波部分では遮音性能が低下する場合がある。

3.多孔質材料であるグラスウールは、断熱材としてだけでなく、吸音材としても用いられる。

4.音圧レベルが同じ音であっても、周波数が異なると、感覚的には同じ大きさに聞こえない。

5.残響時間は、一般に、在室者数が多くなると長くなる。












正解(1・5)

この問題は出題者側のミスにより解答が2つある問題である事が発表されている。

間仕切壁の遮音等級は値が大きい方が遮音等級は高い。

また、残響時間も在室者数が多くなると短くなる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |