建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24計画12(木造建築士学科試験問題)

2013年01月22日 H24計画12(木造建築士学科試験問題)

木造軸組構法の住宅に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.大壁造りは、一般に、真壁造りに比べて、防寒性及び防音性に優れている。

2.真壁造りの柱には、一般に、壁との納まりのために散りじゃくりを設ける。

3.半柱は、一般に、本柱の二つ割り材又は三つ割り材を用いる。

4.畳寄せは、壁の下部と畳との接する部分にできる隙間を納める横木である。

5.壁の下地において、竹や細木を縦横に組んだものを、貫という。













正解(5)

壁の下地において竹や細木を縦横に組んだものはた小舞という。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |