建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24構造16(木造建築士学科試験問題)

2012年11月27日 H24構造16(木造建築士学科試験問題)

枠組壁工法(ツーバイフォー工法)又は丸太組構法による建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.枠組壁工法において、2階床根太の間隔を455个箸靴燭里如⊂穏燹幣臆篠イ蟶燹砲箸靴董厚さ9个旅渋ね儿臠弔鰺僂い拭

2.枠組壁工法において、2階の耐力壁の直下に耐力壁を設けなかったので、当該耐力壁の直下の床根太を構造耐力上有効に補強した。

3.枠組壁工法において、耐力壁線に設ける開口部の幅を4mとし、かつ、その幅の合計を当該耐力壁線の長さの3/4以下とした。

4.丸太組構法において、耐力壁線によって囲まれた部分の水平投影面積を、30岼焚爾箸靴拭














正解(1)
床材(床下張り材)は、厚さ15舒幣紊旅渋ね儿臠帖18舒幣紊離僉璽謄クルボードまたは構造用パネルとする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |