建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24施工18(木造建築士学科試験問題)

2012年10月30日 H24施工18(木造建築士学科試験問題)

木造住宅の屋根工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.硬質塩化ビニル製軒どいの受金物は、取付け間隔を600个箸掘鼻隠しに取り付けた。

2.屋根断熱の工事において、断熱材の外側に通気層を設けた。

3.金属板一文字葺の隣り合った葺板相互の接続は、一重はぜ継手とし、千鳥に配置した。

4.庇の下葺きに用いるアスファルトルーフィングは、壁面との取合い部において、その壁面にそって200侘ち上げた。

5.金属板たてどいの受金物は、取付け間隔を900个箸靴拭














正解(4)

アスファルトルーフィングは取合い部において、その壁面にそって300舒幣緡ち上げなければならない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |