建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24施工07(2級建築士学科試験問題)

2012年07月29日 H24施工07(2級建築士学科試験問題)

各種地業工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.砂利地業を行うに当たって、床付け面となる深さより地下水位のほうが高かったので、排水して地下水位を下げた。

2.山留め壁に作用する側圧を確実に切ばりへ伝達させるために、腹起しを連続して設置した。

3.山留めを親杭横矢板工法としたので、基礎工事までの作業は、根切り→砂利地業→山留め→基礎の順で行った。

4.打撃工法による既製コンクリート杭の打込みにおいて、支持地盤への到達の確認を、「打込み深さ」及び「貫入量」により判断した。

5.杭工事における騒音及び振動の測定は、作業場所の敷地境界線において行った。










正解(3)

作業順序は山留め→根切り→砂利地業→基礎の順で行う。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |