建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24施工09(2級建築士学科試験問題)

2012年07月27日 H24施工09(2級建築士学科試験問題)

鉄筋コンクリート工事における鉄筋の加工・組立てに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.粗骨材の最大寸法が20mmのコンクリートを用いるので、柱の主筋のD19の鉄筋相互のあきを30mmとした。

2.鉄筋表面のごく薄い赤錆は、コンクリートの付着を妨げるものではないので、除去せずに鉄筋を組み立てた。

3.特記がない場合のあばら筋の加工寸法の検査において、加工後の外側寸法の誤差が−5mmであったので、合格とした。

4.柱の主筋の台直しが必要になったので、鉄筋を常温で緩やかに曲げて加工した。

5.梁配筋において、特記がなかったので、鉄筋のかぶり厚さを確保するために、スペーサーの間隔を2.5m程度とした。









正解(5)

スペーサーの間隔は1.5m程度とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |