建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H24施工11(2級建築士学科試験問題)

2012年07月25日 H24施工11(2級建築士学科試験問題)

鉄筋コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.スラブ及び梁の底部のスペーサーには、防錆処理が行われている鋼製のものを用いた。

2.梁及びスラブにおける鉛直打継ぎ位置は、そのスパンの端部とした。

3.荷卸し地点のコンクリートにおいて、空気量が指定された値に対して、+1.5%であったので、許容した。

4.塗装仕上げを行う場合の鉄筋コンクリート壁面の仕上がりの平坦さの標準値については、特記がなかったので、壁の長さが3mにつき7mm以下となるように施工した。

5.せき板の取外し後に軽微な豆板があったので、不良部分をはつり、水洗いの後に、木ごて等を使用して硬練りモルタルを塗り込んだ。









正解(2)

梁及びスラブにおける鉛直打継ぎ位置は、そのスパンの中央とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |