建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H16施工15(木造建築士学科試験問題)

2012年06月25日 H16施工15(木造建築士学科試験問題)

屋根工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.下葺きに用いるアスファルトルーフィングの左右(長手方向)の重ね幅は、120个箸靴拭

2.心木あり瓦棒葺屋根の瓦棒の間隔は、350个箸靴拭

3.下葺きに用いるアスファルトルーフィングの留付けには、タッカ―釘を用いた。

4.和形粘土瓦葺の軒瓦及び袖瓦は、一枚ごとに釘打ちとした。

5.一文字葺の金属板の野地板への留付けには、吊子を用いた。











正解()

アスファルトルーフィングの左右(長手方向)の重ね幅は、200个箸靴覆韻譴个覆蕕覆ぁ

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |