建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H17計画23(木造建築士学科試験問題)

2012年05月22日 H17計画23(木造建築士学科試験問題)

排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.通気管の端末は、窓等の開口部付近に設ける場合、その上端から60儖幣緡ち上げるか、又は水平に3m以上離す。

2.重力式排水方式は、建築物内の排水管の位置が公共下水道の位置よりも高い場合に、排水を重力の作用で自然に流下させる方式である。

3.排水系統の通気管は、排水管が詰まったときの逃し管として設ける。

4.自己サイホン作用等により、トラップの封水がなくなることを破封という。

5.屋内排水管の最少勾配は、一般に、管径に応じて、1/501/200とする。








正解()

通気管は配水管に空気を入れることで流れやすくする役割をもつ。よって正解は3

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |