建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H17構造24(木造建築士学科試験問題)

2012年03月30日 H17構造24(木造建築士学科試験問題)

鉄筋コンクリート造に用いられる材料等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.コールドジョイントとは、コンクリートの打継ぎ部分に生じる一体化していない継目のことである。

2.コンクリートの乾燥収縮率は、一般に、水セメント比の大きいコンクリートほど小さくなる。

3.コンクリートの圧縮強度は、一般に、材齢28日の標準試験の結果で判断される。

4.鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、「火熱」や「コンクリートの中性化」の影響が鉄筋に及ばないように定められている。

5.コンクリート中に、一定以上の塩化物が存在すると、鉄筋が錆びる原因となる。







正解(2)
コンクリートの乾燥収縮率は、一般に、水セメント比の大きいコンクリートほど大きくなる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |