建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H23施工11(2級建築士学科試験問題)

2011年08月22日 H23施工11(2級建築士学科試験問題)

鉄骨工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.高力ボルト用の孔あけ加工は、鉄骨製作工場内においてドリルあけとした。

2.高力ボルトは、包装の完全なものを未開封状態のまま工事現場に搬入した。

3.高力ボルト接合による継手の仮ボルトの締付け本数は、一群のボルト数の1/3以上、かつ、2本以上とした。

4.作業場所の気温が2℃であったので、母材の接合部から50个泙任糧楼呂魏断して、溶接を行った。

5.工事現場に搬入した耐火被覆の材料を、吸水や汚染のないようにシート掛けをして保管した。







正解()

気温が-5℃から5℃の場合、母材の接合部から100个泙任糧楼呂魏断して溶接しなければならない。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |