建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H18計画12(木造建築士学科試験問題)

2011年07月26日 H18計画12(木造建築士学科試験問題)

低層の集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.テラスハウスは、各住戸が土地に接し、専用庭を有している。

2.共用庭側から各住戸にアクセスさせることは、居住者の交流を促しやすい。

3.二戸建住宅は、二戸を連続させて一棟としたものであり、一般に、各住戸が三面の開放面を有している。

4.一般に、便所・浴室を上下階の住戸で重なるように配置する。

5.一般に、中高層の集合住宅に比べて、敷地面積に対する住戸の密度が高い。







正解(5)
集合住宅の住戸の密度は一般的に低層よりも中高層のほうが密度が高い。よって解答は5

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |