建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H18法規21(木造建築士学科試験問題)

2011年06月21日 H18法規21(木造建築士学科試験問題)

次の記述のうち、建築基準法上、誤っているものはどれか。 


1.確認済証の交付を受けた建築物の建築主は、当該建築物の工事現場の見易い場所に、当該確認があった旨の表示をしなければならない。

2.特定行政庁による工事の施工の停止の命令に従わずに工事を続行した場合、その命令に違反した者は、罰則の適用を受ける。

3.都市計画区域内の敷地で、道路に2m以上接していないものについては、原則として、建築物を建築することができない。

4.延べ面積200屬量畋2階建共同住宅を新築する場合、原則として、完了検査の検査済証の交付を受けた後でなければ、当該建築物を使用することができない。

5.特定行政庁が通行上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した公衆便所は、道路内に建築することができる。









正解(1)
建築基準法第89条1項より工事現場における確認の表示は施工者が行う。よって解答は1

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |