建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H18構造18(木造建築士学科試験問題)

2011年05月29日 H18構造18(木造建築士学科試験問題)

木造二階建の建築物の耐震性を高める措置として、最も不適当なものは、次のうちどれか。

 

1.2階の耐力壁の位置と一階の耐力壁の位置は、市松状になるように配置した。

2.地盤が軟弱なので、建築物に配置する耐力壁の量を増やした。

3.屋根葺材として、金属板を使用した。

4.一部分が2階建の建築物において、平家部分と2階建部分の取合い部の仕口を補強した。

5.倍率の大きな耐力壁を、建築物の中央部にまとめて配置した。







正解(5)
筋かいや耐力壁は、平面上つりあい良く、上下階では、平面的に一致するように配置する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |