建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H18構造21(木造建築士学科試験問題)

2011年05月26日 H18構造21(木造建築士学科試験問題)

094fdb26.jpg

図のような立方体の木材が乾燥して圧縮する場合、各方向の収縮の大きさの大小関係として、正しいものは、次のうちどれか。





1.接線方向 > 半径方向 > 繊維方向

2.接線方向 > 繊維方向 > 半径方向

3.半径方向 > 繊維方向 > 接線方向

4.半径方向 > 接線方向 > 繊維方向

. 繊維方向 > 接線方向 > 半径方向








正解(1)
木材の方向による膨張・収縮の大小関係は、接線方向>半径方向>繊維方向の順である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |