建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H22構造25(2級建築士学科試験問題)

2010年10月26日 H22構造25(2級建築士学科試験問題)

建築材料の一般的な性質等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.ALCは、高温・高圧のもとで養生して製造された軽量気泡コンクリートであり、防水性・防湿性に優れる。

2.しっくいは、消石灰にすさ・のり・砂などを混ぜて水で練ったもので、空気に接して固まる気硬性の材料である。

3.テラコッタは、装飾用の外装材として用いられる大型のタイルの一種である。

4.グラスウールは、ガラス繊維を綿状に加工したものであり、断熱材や吸音材として用いられる。

5.シージングせっこうボードは、両面のボード用原紙とせっこうに防水処理を施したもので、せっこうボードに比べて、給水時の強度低下及び変形が少ない。

正解(1)
ALC版は吸水性が大きい。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |