建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H21法規11(木造建築士学科試験問題)

2010年01月27日 H21法規11(木造建築士学科試験問題)

木造建築物の構造耐力上必要な軸組の長さを算定する場合において、図のように「木材の筋かいを入れ、かつ、木ずりを柱及び間柱の両面に打ち付けた壁を設けた軸組の部分の長さ」並びに「木材の筋かいをたすき掛けに入れた軸組の部分の長さ」にそれぞれ倍率を乗じて得た長さの合計として、建築基準法上、正しいものは、次のうちどれか。

 

H21    計算式        軸組の長さ

1.0.9×1.5+1.8×2      4.95 m

2.0.9×(1.5+0.5)+1.8×2   5.40 m

3.0.9×(1.5+1.0)+1.8×2      5.85 m

4.0.9×(1.5+0.5)+1.8×4      9.00 m

5.0.9×(1.5+1.0)+1.8×4      9.45 m 

(正解)5 

木造の壁量計算に関する問題。木造建築士ならではの問題であるのでよく勉強しておきたい問題である。建築基準法施行令第46条より

0.9×(1.51.0)1.8×4=9.45

解答は5

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |