建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H12構造23(2級建築士学科試験問題)

2009年01月25日 H12構造23(2級建築士学科試験問題)

鋼材に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.鋼材の線膨張係数は、常温において、普通コンクリートの線膨張係数とほぼ等しい。

2.鋼材のヤング係数は、強度が大きくなると増大する。

3.鋼材を焼入れすると、強さ・硬さ・耐摩耗性は大きくなるが、もろくなる。

4.鋼材の比重は、普通コンクリートの比重の3倍より大きい。

5.鋼材は、異種金属と接触すると、電食をおこすことがある。

(正解)2

ヤング係数は、鋼材の場合、強度に関係なく一定としている。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |