建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H20構造23(2級建築士学科試験問題)

2008年09月30日 H20構造23(2級建築士学科試験問題)

鋼材に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


.長さ10mの棒材は、常温においては、鋼材の温度が10℃上がると長さが約1mm伸びる。

.長さ10mの棒材は、常温においては、全長にわたって20N/mm²の引張応力度を生じる場合、長さが約1mm伸びる。

.常温における鋼材のヤング係数は、SN400材よりSN490材のほうが大きい。

.常温において、建築構造用耐火鋼(FR鋼)のヤング係数、降伏点、引張強さ等は、同一種類の一般の鋼材とほぼ同等である。
.一般の鋼材の引張強さは、温度が200300℃程度で最大となり、それ以上の温度になると急激に低下する。

(正解)3

常温における鋼材のヤング係数は、すべての鋼種において205,000 N/m崢度である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |