建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H20構造25(2級建築士学科試験問題)

2008年09月28日 H20構造25(2級建築士学科試験問題)

建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


.パーティクルボードは、木材の小片(削片)を接着剤により成形熱圧した板材であり、床下地などに用いられる。

.エポキシ樹脂塗り床材の主剤に対する硬化剤の混合割合は、通常、冬期においては規定量より多くする。

.しっくい中のすさには、しっくいの乾燥収縮によるひび割れを防止する効果がある。

.磁器質タイルは、吸水率が小さいので、外装材としても用いられる。
.大理石は、耐酸性・耐火性に乏しいので、一般に、室内の装飾用に適している。

(正解)2

主剤に対する硬化剤の混合割合は一定とし、通常、冬期等で気温が低く、化学反応が遅くなる(硬化が遅くなる)場合には、硬化促進剤の混入量で調整する。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |