建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H13構造08(2級建築士学科試験問題)

2008年06月21日 H13構造08(2級建築士学科試験問題)

設計用地震力に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.振動特性係数Rtは、建築物の設計用一次固有周期及び地盤の種別に応じて算出する。

2.建築物の地下部分の各部分に作用する地震力は、一般に、当該部分の固定荷重と積載荷重との和に、水平震度kを乗じて計算する。

3.地震地域係数Zは、各地域ごとに予想される地震動の強さに基づいて定められている。

4.一次設計(許容応力度設計)用の標準せん断力係数Coの値は、一般に、0.2以上とする。

5.建築物の各階に作用する地震層せん断力係数Ciは、上階になるほど小さくなる。

(正解)5

地震層せん断力係数Ciは、高さに比例して大きくなる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |