建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H14施工02(2級建築士学科試験問題)

2008年01月31日 H14施工02(2級建築士学科試験問題)

工事現場の安全確保に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.型枠支保工において、組立図を作成して図面どおりに組み立てた。

2.軒の高さが6.5mの木造建築物の構造部材の組立て作業については、作業主任者を選任しないで行った。

3.移動はしごは、幅30cmの丈夫な構造とし、すべり止め装置を取り付けた。

4.高さが1.5mを超える箇所における作業については、安全に昇降するための設備を設けた。

5.高さが2mの作業場所からの不要資材の投下については、投下設備を設けないで行った。

(正解)2
軒の高さが5m以上の木造建築物の構造部材の組立て作業には必要とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |