建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H15計画18(2級建築士学科試験問題)

2007年08月25日 H15計画18(2級建築士学科試験問題)

建築物の防災計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.バルコニーは、下階からの火災の延焼防止に対して、有効である。

2.非常用エレベーターは、主として、消防隊の消火活動のために設ける。

3.避難階段は、屋内・屋外のどちらに設けてもよい。

4.エレベーターホールなどに設置する常時開放型の防火戸は、火災時に自動的に閉鎖させる必要がある。

5.火災発生時において、フラッシュオーバーに至るまでの時間が短いほうが、避難に有利である。

(正解)5

フラッシュオーバーとは、出火後一定時間経過した後に爆発的に燃焼が拡大する現象をいう。フラッシュオーバーに至るまでの時間が長いほうが避難に有利である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |