建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H15法規18(2級建築士学科試験問題)

2007年07月29日 H15法規18(2級建築士学科試験問題)

図のような専用住宅を建築する場合、建築基準法上、容積率の算定の基礎となる延べ面積は、次のうちどれか。ただし、自動車車庫等の用途に供する部分はないものとする。

 

H15法規18
1.210

2.220

3.250

4.290

5.330






(正解)2

地階を有する住宅であり、断面の形状から法第52条第3項を適用できる。建築物の延べ面積は

120+120+50+40=330(屐砲任△襦
地階の床面積が120屬任△襪海箸ら、延べ面積の1/3(=110屐砲鯆兇┐討い襪里如地階
の床面積全部を控除することができない(1/3まで控除できる)。
したがって、容積率の算定の基礎となる延べ面積は、330−110=220(屐砲箸覆襦

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |