建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H15構造21(2級建築士学科試験問題)

2007年06月28日 H15構造21(2級建築士学科試験問題)

コンクリートの一般的な性質に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.コンクリートの中性化は、水和生成物が空気中の二酸化炭素と徐々に反応することにより生じる。

2.コンクリートの圧縮強度は、水セメント比が小さいものほど大きい。

3.コンクリートのヤング係数は、圧縮強度が大きいものほど大きい。

4.コンクリートの中性化は、水セメント比が大きいものほど進行が遅くなる。

5.アルカリ骨材反応によるコンクリートのひび割れは、骨材が膨張することにより生じる。

(正解)4
コンクリートの中性化は、水セメント比が大きいものほど進行が早くなる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |