建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H15構造24(2級建築士学科試験問題)

2007年06月25日 H15構造24(2級建築士学科試験問題)

接着剤及び塗料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

1.クリヤラッカーは、塩化ビニル樹脂エナメル塗料に比べて、耐水性に優れているので、屋外の木部の塗装に用いられる。

2.油性調合ペイントは、下地がコンクリートなどのアルカリ性のものには適さない。

3.2液形のエポキシ樹脂塗料は、一般に、耐酸性、耐アルカリ性、耐水性に優れている。

4.でん粉系接着剤は、せっこうボード下地に壁紙を張り付ける場合に用いられる。

5.セラックニスは、速乾性の塗料であり、木材の節止めに用いられる。

(正解)1
クリヤラッカーは、塩化ビニル樹脂エナメル塗料に比べて、耐水性に劣る。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |