建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H16施工09(2級建築士学科試験問題)

2007年02月24日 H16施工09(2級建築士学科試験問題)

コンクリートの打込み・締固め関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.コンクリートの練混ぜ開始から打込み終了までの時間は、外気温が23℃であったので、120分以内とした。

2.コンクリートの打継ぎ面は、新たにコンクリートを打ち込む前に、レイタンスなどを取り除き、十分に乾燥させた。

3.コンクリートの締固めは、コンクリート棒形振動機の挿入間隔を60cm以下として行った。

4.コンクリートの打込み速度は、良好な締固め作業ができる範囲を考慮して決めた。

5.打込み後のコンクリートの沈み、材料分離等の不具合は、コンクリートの凝結が終了する前にタンピングなどにより処置した。

(正解)2
コンクリートの打継ぎ面は、新たにコンクリートを打ち込む前に、レイタンスなどを取り除き、湿潤状態を保つようにする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |