建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H16施工10(2級建築士学科試験問題)

2007年02月23日 H16施工10(2級建築士学科試験問題)

コンクリートの種類・強度に関する用語とその説明との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1.普通コンクリート――――――――普通ボルトランドセメントを用いるコンクリート

2.寒中コンクリート――――――――打込み後の養生期間に、コンクリートが凍結するおそれのある時期に施工されるコンクリート

3.軽量コンクリート――――――――人工軽量骨材を一部又は全部に用いるコンクリートで、単位容積質量を小さくしたコンクリート

4.調合強度――――――――――――コンクリートの調合を定める場合に目標とする圧縮強度

5.構造体コンクリート強度―――――構造体中で発現しているコンクリートの圧縮強度

(正解)1
普通コンクリートは、普通骨材を用いるコンクリートである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |