建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

H18施工04(2級建築士学科試験問題)

2006年07月29日 H18施工04(2級建築士学科試験問題)

仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さ2mの位置に設ける作業床の幅を、40cmとした。
2.架設通路を設けるに当たって、勾配が35度であったので、階段とした。
3.単管足場の建地の間隔を、けた行方向、はり間方向とも1.6mとした。
4.高さ9mの登り桟橋において、踊り場を高さ3mごとに設けた。
5.高さ2.5mの位置にある作業床において、墜落の危険がある箇所の手摺については、作業床からの高さを95cmとし、中桟を設けた。

(正解)3
単管足場の建地の間隔は、けた行方向は1.85m以下、はり間方向は1.5m以下とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |