建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

建築士 資格blog

2018年10月01日 H30計画14(二級建築士学科試験問題)

教育施設等の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 地域図書館において、書架を設置しない40人収容の閲覧室の床面積を、100屬箸靴拭

  2. 地域図書館において、閲覧室の床の仕上げは、歩行音の発生を抑制するため、タイルカーペットとした。

  3. 小学校において、学年ごとのカリキュラムに対応するため、低学年は総合教室型とし、高学年は特別教室型とした。

  4. 車椅子使用者に配慮し、居室入口前の廊下は、車椅子使用者が転回しやすくするため、直径1200mmの転回スペースを計画した。

  5. 高齢者の使用する居室の作業領域の照度は、日本工業規格(JIS)の照明設計基準の2倍を目安とした。





















正解(4)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年09月30日 H30計画15(二級建築士学科試験問題)

文化施設の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 劇場において、演目に応じて舞台と観客席との関係を変化させることができるように、アダプタブルステージ形式を採用した。

  2. 博物館において、学芸員の研究部門は、収蔵部門に近接して配置した。

  3. 美術館において、ミュージアムショップを、エントランスホールに面して配置した。

  4. コンサートホールにおいて、演奏者と聴衆との一体感を生み出すことを意図して、次のステージを客席が取り囲むシューボックス型の空間形式を採用した。

  5. コミュニティセンターにおいて、図書館や会議室などのゾーンと体育室や実習室などのゾーンとは、離して配置した。























正解(4)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年09月29日 H30計画16(二級建築士学科試験問題)

建築物の各室の内(のり)寸法による所要床面積に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 特別養護老人ホームにおいて、定員1人の居室の床面積を12屬箸靴拭

  2. 軽費老人ホームにおいて、定員1人の居室の床面積を24屬箸靴拭

  3. 病院において、定員4人の小児用病室の床面積を20屬箸靴拭

  4. 保育所において、4歳児を対象とした定員20人の保育室の床面積を44屬箸靴拭

  5. 保育所において、乳児及び2歳未満の幼児を対象とした定員10人のほふく室の床面積を28屬箸靴拭





















正解(5)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年09月28日 H30計画17(二級建築士学科試験問題)

車椅子使用者に配慮した建築物の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 車椅子使用者専用駐車場から建築物の入口までの通路は、屋根を設けるとともに、車椅子使用者及び歩行者の専用とし、幅員を120cmとした。

  2. 室内の廊下において、キックプレートと兼用した幅木を設けるに当たり、その高さを床面から25cmとした。

  3. 壁付コンセントの取り付け高さを、床面から40cmとした。

  4. 高低差が16cmの屋内傾斜路において、傾斜路の両手とも手(すり)を設けず勾配を 1/15 とした

  5. 腰掛け便座の両側に手(すり)を設け、手(すり)同士の間隔を70cmとした





















正解(2)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年09月27日 H30計画18(二級建築士学科試験問題)

まちづくりに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. パークアイランドは、周辺の駅に整備された駐車場まで自動車で行き、そこから公共交通機関を利用して、中心市街地へ移動することによって、中心市街地への自動車の流入を減らすための手段である。

  2. トランジットモールは、歩行者用の空間であるモールの形態の一つであり、一般の自動車の進入を排除して、路面電車やバスなどの公共交通機関に限って走行を認めたものである。

  3. ボンエルフは、住宅地において、通過交通を排除し、歩行者と自動車の動線を完全に分離させるための手法である。

  4. スプロールは、都市周辺部において、市街地が無計画、無秩序に拡大していく現象である。

  5. ペデストリアンデッキは、歩行者と自動車の動線部分を目的とした高架の歩廊である。



















正解(3)

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |