建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

建築士 資格blog

2018年07月15日 H30施工14(二級建築士学科試験問題)

外壁のALCパネル工事及び押出成形セメント板工事に関する次の記述のうち、最も

不適当なものはどれか。


1.縦壁ロッキング構法によるALCパネル工事において、ALCパネルとスラブとが

取り合う部分の隙間には、あらかじめ絶縁材をALCパネルに張り付け、モルタルを

充填した。

2.ALCパネルの取付け完了後、使用上支障のない欠けや傷が見つかったので、補修用

モルタルを用いて補修した。

3.ALCパネルの短辺小口相互の接合部の目地幅は、耐火目地材を充填する必要が

なかったので、5mmとした。

4.押出成形セメント板における出隅及び入隅のパネル接合目地は、伸縮調整目地と

した。

5.押出成形セメント板を縦張り工法で取り付けるに当たり、パネル相互の目地幅は、

特記がなかったので、長辺の目地幅を8mm、短辺の目地幅を15mmとした。

















正解(3)

ALCパネル小口相互間の目地は10mm以上とする。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年07月14日 H30施工15(二級建築士学科試験問題)

木工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


1.桁に使用する木材については、継ぎ伸しの都合上、やむを得ず短材を使用する必要が

あったので、その長さを2mとした。

2.内装材を取り付ける壁胴縁や野縁の取付け面の加工は、機械かんな1回削りとした。

3.跳出しバルコニーにおける跳出し長さは、屋内側の床梁スパンの1/2以下、かつ、

外壁心から910mm以下とし、先端部分をつなぎ梁で固定した。

4.真壁造の面材耐力壁は、厚さ12.5 mmのせっこうボードを用い、GNF40

釘を150mm間隔で留め付けた。

5.根太を用いない床組(梁等の間隔が910mm)であったので、床下地板として厚さ

15mmの構造用合板を用いた。











正解(5)

根太を用いない床組では、厚さ24mm以上の構造用合板を用いる。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年07月13日 H30施工16(二級建築士学科試験問題)

木造住宅における木工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.心持ち化粧柱には、髄まで背割りを入れたものを使用した。

2.桁は、背を上端にして使用した。

3.敷居は木裏を上端にして使用した。

4.梁には、アカマツを使用した。

5.土台と柱との接合には、かど金物を使用した。













正解(3)

敷居は木表側を上にする。


n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年07月12日 H30施工17(二級建築士学科試験問題)

 防水工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 鉄筋コンクリート造の(ろく)屋根のアスファルト防水工事において、保護コンクリートに設ける伸縮調整目地のうち、パラペットに最も近い目地は、パラペットの立上りの仕上面から1.5mの位置に設けた。

  2. 鉄筋コンクリート造の(ろく)屋根のアスファルト防水工事において、ルーフドレン回りのルーフィング類の張付けは、平場に先立って行った

  3. 鉄筋コンクリート造の(ろく)屋根のシート防水工事において、塩化ビニル樹脂系ルーフィングシートを使用したので、平場のシートの重ね幅を縦横方向いずれも40mmとした。

  4. 木造住宅の屋根の下葺きに用いるアスファルトルーフィングの張付けは、野地板の上に軒先と平行に敷き込み、重ね幅をシートの長手方向は200mm、流れ方向は100mmとした。

  5. 木造住宅の屋根の下葺きに用いるアスファルトルーフィングの棟部分の張付けは、250

    mmの左右折り掛けとし、棟頂部から左右へ一枚ものを増張りした。











解答(1)

伸縮調整目地は立ち上がり面より0.6m程度の位置に設ける。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年07月11日 H30施工18(二級建築士学科試験問題)

 左官工事及びタイル工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
コンクリート壁面へのモルタル塗りにおいて、上塗りには、下塗りよりも貧調合のモルタルを使用した。


1.
コンクリート壁面へのモルタル塗りにおいて、下塗り→中塗り→むら直し→上塗りの順で行った。
2.
内壁タイルの密着張りにおいて、タイルは、上部から下部へ、一段置きに水糸に合わせて張った後、それらの間を埋めるように張り進めた。
3.
内壁への接着剤を用いた陶器質タイルの張付けにおいて、あらかじめ下地となるモルタル面が十分に乾燥していることを確認した。
4.
屋内の床面へのモザイクタイル張りにおいて、あらかじめ下地となるモルタル面に水湿しを行った。












解答(2)

むら直しは、中塗りの前に行う。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |