建築設計科(建築 専門学校)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士資格取得をめざす人のための情報ブログ 建築士 資格BLOG

建築士 資格blog

2018年04月21日 H25構造21(二級建築士学科試験問題)

下記のプレーンコンクリートの調合表(使用材料の絶対容積及び質量を記号で表したもの)から求められる事項とその計算式との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

 

絶対容積( /m3)

質 量(kg/m3)

セメント

細骨材

粗骨材

セメント

細骨材

粗骨材

Vw

Vc

Vs

Vg

()質量における細骨材及び粗骨材は、表乾(表面乾燥飽水)状態とする。

 

1.水セメント比()――――Vw/Vc×100

2.細骨材率()――――――Vs/Vs+Vg×100

3.空気量() ――――――(1,000VwVcVsVg)×100/1000

4.細骨材の表乾状態における密度(g/cm3) ――――――S/Vs

5.練り上がりコンクリートの単位容積重量(kg/m3) ――W+++
















正解(1)
水セメント比()=水の質量W/セメントの質量C×100

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年04月20日 H25構造22(二級建築士学科試験問題)

コンクリートに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.クリープは、一定の外力が継続して作用したときに、時間の経過とともにひずみが増大する現象である。

2.プラスチック収縮ひび割れは、コンクリートが固まる前に、コンクリートの表面が急激に乾燥することによって生じるひび割れである。

3.ブリーディングは、フレッシュコンクリート中の練混ぜ水の一部が分離して、上面に向かって上昇する現象である。

4.アルカリ骨材反応は、骨材中の成分がセメントペースト中に含まれる塩化物イオンと反応し、骨材が膨張する現象である。

5.エフロレッセンス(白華)は、コンクリート中の炭酸カルシウムなどがコンクリートの表面に析出しな、白色の物質である。















正解(4)

アルカリ骨材反応は、骨材中のシリカ鉱物が、コンクリート中のアルカリ分と反応することにより、水分を吸収して膨張して、ひび割れを発生させる現象のことをいう.

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年04月19日 H25構造23(二級建築士学科試験問題)

鋼材等の種類の記号とその説明との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1.SN490C――――――建築構造用圧延鋼材の一種

2.SS400―――――――一般構造用角形鋼管の一種

3.SNR400B―――――建築構造用圧延棒鋼の一種

4.SM490A――――――溶接構造用圧延鋼材の一種

5.BCP235――――――建築構造用冷間プレス成形角形鋼管の一種












正解(2)
SS400は、一般構造用圧延鋼管の一種である。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年04月18日 H25構造24(二級建築士学科試験問題)

建築材料とその用途・使用部位との組合せとして、最も不適当なものは、のうちどれか。

1.窯業系サイディング―――外壁の仕上げ

2.化粧せっこうボード―――浴室の天井

3.けい酸カルシウム板―――鉄骨の耐火被覆

4.ALCパネル――――――鉄骨造の屋根

5.パーティクルボード―――内壁の下地















正解(2)
化粧せっこうボードは内装材として用いられるが、防水性がないので浴室の天井には不向きである。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |

2018年04月17日 H25構造25(二級建築士学科試験問題)

建築材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.テラコッタは、大型のタイルの一種であり、装飾用の外装材として使用される。

2.大理石は、耐酸性に優れているので、外壁の仕上げに使用される。

3.アルミニウムペイントは、熱線を反射し、素地材料の温度上昇を防ぐので、鉄板屋根や設備配管などの塗装に使用される。

4.エポキシ樹脂系接着剤は、耐水性、耐久性に優れているので、コンクリートのひび割れの補修などに使用される。

5.酢酸ビニル樹脂系接着剤は、耐水性、耐熱性などが劣っているので、屋外における使用には適さない。












正解(2)
大理石は、耐酸性・耐火性に乏しいので、一般に、室内の装飾に優れている。

n-35596291 at 9:0 | この記事のURL | |